協会について

ごあいさつ

私たち東海外食物流協会(TGK)は、外部環境の変化に敏感に対応しつつ、顧客に対しコストとクオリティにこだわった提案に努め、お客様のニーズに的確にお応えできる体制作りを心がけております。
今年度TGKは『ピンチはチャンス』をスローガンに掲げ、コロナ禍において大変厳しい外食業界に会員企業のさらなる結束を高め、お客様に最高のサービスを提供できるよう会員一同知恵を絞りながら活動しております。
TGK賛助メーカー34社の皆様と共に、現在取り組んでおります『PB商品』・『キャンペーン』をさらに拡大・充実させ、withコロナに対応した商品・サービスの提供をしてまいります。
我々会員一同知恵を出し合いながら新たな取り組みを行い、活発な意見交換をしながら、足元をしっかり固めてまいります。
皆様のTGKへの変わらぬご理解とご支援を衷心よりお願い申し上げます。

東海外食物流協会会長 田中 孝夫

運営スローガン

「 ピンチはチャンス 」

重点目標

  • 展示会をはじめとするPRの新形態への挑戦
  • withコロナに対応した商品、サービスの提供
  • 景気回復に備えた組織強化

沿革

1984年11月 「外食資材納入業者懇話会」として8社で発足
1985年5月 「東海外食物流協会」に組織と名称を変更
2016年 会長就任:有限会社 山本食品 会員店も増え、12会員で構成しております。
2017年 会長就任:株式会社 橋本醤油店
2019年 会長就任:株式会社 マルコおおむら
2021年現在 会長就任:株式会社 ナカヤマ

運営組織

入会のご案内

会員の特典

入会について

Copyright(c) TOKAI GAISYOKU BUTSURYU KYOKAI All Rights Reserved.